人材の配置は大切

 女性が社会で働くのは普通になってきている。結婚しても正規社員として働き続ける人も多いらしい。今までは男性が中心だった職種にも女性が多くなってきた。ITの仕事でも同じだ。エンジニアとして働く女性が増えてきている。企業としては男性と女性、それぞれの特性をいかした活用ができるので、とても良いことなのではないかと思う。
 男性の多くは大胆な発想や、行動ができるので、新規開発などに力を発揮することができる。女性はどちらかというと保守的な考え方の人が多く、決められたことをマニュアル通りにきちんとやり遂げる人が多いので、細かい作業などに向いているのではないだろうか。もちろん、男性女性の全てが同じではないため、この範囲におさまらない人もいるが性別による差別ではなく区別で仕事をすることで、より企業は成長していくのではないかと考えられるのだ。
 企業としてこれからの成長を考える経営者であれば、適材適所という言葉の通り、人材をうまく配置することで業績アップが見込めるだろう。

 男子寮に男ばかりだと荒れるばかりだが、高齢の女性が一人管理人としているだけで寮の雰囲気が温かくなり、また清潔で明るくなったと聞いたことがある。このような効果が企業内で起これば、業績にも影響があると考えて良いのではないだろうか。
 ただ間違えてはいけないのが、どのような女性を頼るか、というところだ。女性は華やかだが、男性の中で仕事をするには認められるだけのスキルなどがなくてはいけない。そのポイントを押さえておかなくては意味がないのだ。そこで、女性の見た目や年齢で判断するのではなく、その女性のエンジニアとしての才能やスキル、またコミュニケーション能力なども考慮すると良い影響があるのではないだろうか。

no comments

Comments are closed.